風俗嬢の体験談投稿

ヘルスの種類もわからなかった私が未経験で風俗業界に入って。

更新日:


初めまして。

元デリバリーヘルス嬢をしてました。
風俗嬢になる前は、キャバクラで働いていました。

お酒を飲んだり、お話したり、気を遣ったり、盛り上げたり…元から人見知りはしなかったのとお酒が大好きだったので始めたころ仕事も楽しかったです。

ですが、多くのお客様は使う金額が増えるとお店以外で会うことや、付き合ってほしい、など要求が増えていきました。

それを交わしながら、お店に来てかわらずお金を使ってもらうこと、お店からの売り上げへのプレッシャーがかけられることなど、だんだんと仕事が楽しめなくなっていきました。自分が楽しめないとお客様も楽しめない、自然と売り上げも下がりました。

大半のお客様は、応援したいとか売り上げを立ててあげたいという気持ちとはまた別に、下心も持っていて、(すべてのお客様がそうだとは思ってないですよ)
その下心が見えるのも最初はかわせてもだんだん”この人もそうなんだろうな”と思うようになってしまいました。

そして自分がお客様よりも、まわりからどう思われているのか、嫌われていないか、いやな気分にさせていないかなど、一緒に働く女の子に対して過剰に気を使いすぎてしまったこと。

仕事のたびに気を遣い、楽しかった仕事が苦痛になり、夢でも仕事の夢を見て疲れてしまったのが風俗を考え出したきっかけです。

お給料は良い、だけどチームプレーとか、恩、しがらみの少ない仕事…何があるかなと考えたときに思いついたのはヘルスでした。

ですが、風俗についてほぼわからなかった私。ソープとヘルスの違いは分かっていても、細かなことは全くわかりませんでした。

周りの友人で働いている子、そういう話をしたことのある子もおらず、何もわからなかったのでスカウトさんに相談することにしました。

スカウトさんは、大きく分けてソープとヘルスがあること、ヘルスの種類を簡単に教えてくれました。

私は、ヘルスを選びました。

風俗未経験だったので、ソープのほうがマットなどもあると聞いてサービス内容の取得が難しそうだなと思ったからです。

ヘルスにも、店舗型のホテルヘルス、派遣型のデリバリーヘルスがありました。

どちらもヘルスなので本番は禁止ですが、店舗型はお客様がお店に来店し、女の子はお客様が来てからお仕事を始めるタイプ、派遣型はお客様が指定したラブホテルや自宅、シティホテルなどに女の子が車で派遣され、合流してからお仕事を始めるタイプでした。

店舗型は、ほかの女の子と最低限顔を合わせることになるかな、と思いデリバリーヘルスにしました。

待機室は個室もあったので私が働いたお店はほとんど女の子と顔を合わせることはありませんでした。

働いてみて思ったのは、いろんな性癖を持った人がいること、風俗は体力以上にメンタル管理が大切なこと、なにかしら食べれるもの、飲み物を常備しておくことが必要なんだということです。

ノーマルなお店で働いていたので、そこまで突出した性癖の方はいませんでしたがときどきはいました。

そんな人ほど、”これよかったらチップとしてとっておいて”とお釣りをくれたり気前が良いのが不思議でした。
(チップをくれる=性癖がみんな特殊ではなかったですよ)

勤務時間が長くなって、仕事の本数が増えると体力的にももちろん辛いんですが、何よりメンタルが折れるときついなとよく感じました。
努力はして会話してみたり気を使ってもどうも合わない人のところが当たることも仕事なのでありますよね。

そんな時、仕事中はお客様を幼稚園児だと思うようにしました。

そうすると、いやだと思っても最低限優しくはできたんです。いやなことや無理なことを、オブラートに包みながらもやんわりと伝えることも大切だなと思いました。

このお客様はもう自分をリピートしないと思って、出来ないことや嫌なことを言ってしまうと、もしそのあとお客様がリピートしてくれた時にまた自分を偽らないといけなくなり苦しくなったからです。

わたしはここだけの話、プレイ前後のいちゃいちゃがどうしても苦手でした。

何度かチャレンジしたのですが、どうしても無理をしているからか疲れも倍増して、悪循環だったのでわたしはあえてそのプレイ前後のいちゃいちゃを無理にすることはやめました。

かわりに、たのしく盛り上がって話せるように、なにを求めているかよく観察して、気を配ることを徹底しました。

恋人気分を味わいたい方はきっと物足りなかったとは思いますが、楽しく話せるのがいいと言ってくれたお客様もいましたし、何より働くうえで自分も少しでも楽しめる工夫でメンタルも折れにくくなるんだなと思いました。

人それぞれ得意なことがちがったり、個性があるので、お客様のニーズもその日の気分によって変わるンだなと思いました。

家にいるときはその日の稼げた手取り金額を見てみたり、たまったお金を見てみたり、使い道を考えてメンタル維持してました。

わたしは仕事の時間は常にバッグに
・素焼きナッツ
・粒チョコレート
・グミ
を必ず入れてました。

疲れたとき、移動中に糖分補給に粒チョコレートやグミはお勧めです。
歯ごたえのあるものを食べるとストレス解消できると見たので、いつもグミは固めのグミにしてました。

仕事が続くと、食べる時間も気力もなかったり、あとは体系が気になるのでおなかいっぱい食べれないときは素焼きのナッツにしてました。

食べごたえもあるし、油分を取らないと肌や髪もぱさぱさになるので…。

気を遣い、サービスをと時間を売り、決して楽な仕事ではないけど報酬は多くがんばった結果が稼ぎとしてあらわれる仕事でした。

ただこの仕事をして、金銭感覚はもちろん変わりましたが、一番自分が変わってしまったのは、プライベートのセックスが億劫になってしまったことです…。

  • この記事を書いた人

ぺぺこ

ぺぺこ 25歳 東京都 元高級デリバリーヘルス

-風俗嬢の体験談投稿

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.