風俗嬢ぺぺこ 風俗嬢の連載

風俗(風俗嬢)のお仕事をスムーズに辞めるために

投稿日:

The following two tabs change content below.
ぺぺこ

ぺぺこ

ぺぺこ 25歳 東京都 元高級デリバリーヘルス


こんにちは。

今回は、風俗勤務を辞めるときに意識しておくべきことについて紹介します。
意識がなぜ必要なのか、や意識しておくと何がいいのかについて書いていきます。

風俗店で働くということは、なにかの目的のためお金が必要だったり、事情があって働く女性が多いと思います。

働きたい!と最初から強く願って働く女性は少ないと感じます。

そこで、辞めた後も出戻らずに生活していくために意識が必要だと筆者は感じました。
筆者は、何も意識をせずに一度退店しましたが、出戻った人間です。

出戻ったからこそ分かること、出戻りたくなる気持ちなども触れたいと思います。

出戻りたくなった理由

やりたいことや夢のためであったり、目標貯金額があったり、借金や支払いなど、なにか事情があって働く女性が多いのが風俗業界です

将来の夢=風俗嬢という思いで、風俗業界に足を踏み入れた方は少ないと思います。

筆者も、それほどたいそうな事情ではありませんが、一応事情があってデリバリーヘルス店で勤務を始めました。

そこで、知らずのうちにはまっていったのが”報酬の高さ=お金の魔力”です。

実家でも、一般家庭くらいのそれなりの生活はさせてもらっていましたし、両親からお金ないなんて言葉も聞いたことがありません。

実家を出てからも時に金欠~!ということはあってもそこまでお金に対して執着もしていませんでしたし、これからデリバリーヘルスで勤務することによって、執着するとも思っていませんでした。

辞めるときに、何も考えずに筆者はデリバリーヘルスを辞めました。

その結果、お金の魔力、魅力からぬけきれていない事にも気づかず、辞めてからもあの時の報酬、感覚を…をと思ってしまい、出戻ったのです。

不安定だけど、ほかの業種とは収入が違う

日給で歩合制なので、その日によって収入には差があります。
そのため不安定なのですが、運がいい日といいますか、ときどきすごく稼げる日もあります。

学歴などが重視されて、頭脳を大いにつかって収入をもらうというよりかは、自分の体力や気遣いなどを駆使して稼ぐので、肉体系のお仕事に近いのではないでしょうか。
(時間や流れなど、ある意味、頭脳プレーな面もありますが…。)

そして、他の業種と違うのはその日の頑張りが、その日のうちに受け取ることができることではないでしょうか。

多くの企業や、昼職、水商売でも、お給料日は一か月後ということが多いです。
(半月ごとだったり、一週間ごとだったりと、給与体系はそれぞれですが。)

風俗業は、その日のお仕事終了後には、自分の手取り分が手元にあります。

手渡しで現金を見ることによって、お金の魅力に取りつかれやすくなるんだな…と辞めた今なら思えます。

辞める前から慣れておくこと

急に辞めて、風俗をあがる!という女性は比較的少ないように感じます。
たとえ、在籍していたお店をやめても、飛んだ場合は他店に入店するイメージが多いからです。

目標額など決めていたらなおさらです。

そろそろ目標達成だからやめられるけどいつ辞めようかな…なんてぼんやり考えてから、日程を決めて辞めるというのが多いのではないでしょうか。

そんなふうに、辞める日のことを考え出したときにまず、”普通の感覚”を取り戻しておくことが大切です。

出勤すれば、何万円、何十万円と稼げていた感覚のまま辞めても、きっと出戻ります。

筆者はそうでした。

ちょっといいものや、高級なものを購入しても、また出勤すればお金は取り戻せるので簡単に購入できるんですよね。

風俗店に勤務中はそれでもいいと思います。

ですが、辞めて風俗のお仕事をあがるならそのままでいては破産します。

なかなか、もとに戻すのは難しいのですが…筆者がしたことは、

  • スーパーで買う癖をつける
  • 用もなくコンビニに入らない
  • コスメや欲しいものは、リサーチしてから行く
  • です。

    簡単なことで、本当に小さなことですが、回数を重ねることで慣れていきます。

    ちなみに、風俗店で勤務をしていたときの筆者は、

  • 用がなくてもとりあえずコンビニ
  • とりあえずまず、デパートへ行く(欲しいものがあるわけでもない)
  • →そして一目ぼれして購入して帰ってくる

    という感じで、あげたらきりがないですが、お金の使い方は荒かったです。

    そして、散財することでストレス発散出来てすっきりできていたんですよね。

    まとめ

    今回は、風俗店勤務を辞めようかな…と考え出した時に意識したほうがいいことを紹介しました。

    筆者は全く意識しませんでした。

    ですが、もとから頭脳があったわけでも、有名大学卒業したわけでもない筆者が風俗業界をやめた後、同じように稼げる職種(昼職)は、ほとんどありませんでした。

    何も意識せずに辞めた結果、そのときの自由な生活、我慢をしなくて買い物ができる生活、(デリバリーヘルスで勤務する前のキャバクラ勤務時代、その前のフリーター時代からお買い物が好きだったのはありますが…。)、そして、昔よりいいものが好きなだけ買える生活が恋しくなり、出戻りを何度も考えました。

    あの時の収入なら、簡単に買えるのに…と辞めてから出戻るまでに何度思ったかもう数えきれません。

    出戻った理由はそれだけではなく決定的なことがあったからですが…。

    次回も、辞めるときに意識して置いたほうがスムーズにやめられることについて紹介します。

    -風俗嬢ぺぺこ, 風俗嬢の連載

    error: Content is protected !!

    Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.