風俗嬢の体験談投稿

いろんな風俗がある中でもソープ嬢として働くのが一番!

投稿日:

The following two tabs change content below.

yoo

yoo 35歳 千葉県 ソープ


風俗嬢になったきっかけは、当時好きだった男性に振られやけを起こし、新宿に友達と飲みに行った時に、今はほとんどいなくなってしまったホストのキャッチに捕まった事が発端です。

当時はまだ普通の会社員をしていたので、ホストに通うたびに貯金はどんどん減っていき、家賃を払うことすら出来なくなってきたので、とりあえず昼は会社員、夜はピンサロで働くようになりました。

しかし会社は残業などでピンサロに遅刻することが多くなってしまい、ブツブツと文句を言われ始めたので、何もかも面倒くさくなってしまい、会社を辞めて吉原のソープに飛び込みました。

しかしその吉原のソープは女の子で溢れかえっていて、毎日のように新人が入店してくるので新人優先もなく、写真写りの良い女の子や男性従業員に気に入られた女の子ばかりお客さんについている状態の店でした。

私は良くて1日1~2万円程度しか稼げませんでした。

このままでは生活を維持できないしホストにも通えないと思った私は、あえて吉原を離れ千葉のソープで働くことに決めました。

なぜ吉原から千葉に移動したかと言うと、千葉ソープの方が年齢層が吉原に比べ高めだったので、当時の私は20代前半とまだまだ若く、千葉の方が稼げるんじゃないかと思い、しかももう何もかも失ってもいいやとかなり荒んでいた時期なので、顔出しもOK!取材もOK全てOKにしました。

そのおかげか吉原では全然お客さんにつかなかったのに、千葉ソープに移ったら1日最低でも10万円近くは持ち帰れるようになりました。

これに味をしめた私はホストに狂いまくり、稼いだお金は全てホストにつぎ込みセレブ気取りでホストに通い続けました。

さいわいソープの仕事が向いていたのか、リピーターの客も掴みはじめ、毎日何人ともセックスをする日々でしたが、体は疲れるものの、仕事が終わった後に今日の給料を自分でベッドの上に並べて、お札を見ていると疲れも吹き飛ぶような感じがしました。

ホストにも何軒も通ったのですが、だんだん飽きてきて今度は買い物などに一生懸命稼いだお金を使うようになりました。

まだ買い物の方がホストに貢ぐよりも形として残るので、いろんなものを値札も見ずに買い漁ったのです。

やはりかなり高い買い物をしていたので現在でもしっかりとした物が残っていますが、今の私が昔の私に言ってやりたい事は少しでも貯金に回しとけ!言ってやりたいところです。

ソープでそんなに稼げるのは若いうちだけなので、やはりもっと大人になって考えることとしては、しっかりと貯金をしておけばよかったとこれだけが未だに後悔しています。

そもそもソープの仕事は彼氏とセックスをするわけではなく見知らぬ男性とセックスをするわけです。

かなり気を使いますし時間もロングコースが多いので、マットとベッドで2回戦なんて当たり前の世界です。

例えば10人お客さんについたとしたら1日で20回は挿入をしていることになります。

顔出しをしたり忙しいお店で働く場合は、1日で何人ともセックスをしなくてはいけないので、アソコが弱い女の子だとすぐに使い物にならなくなってしまいます。

ソープで稼ぎたいのであれば鉄マンの女の子か、容姿に自信があれば高級ソープなどで2、3人相手にしていた方が鉄マンでなくても稼げるようになります。

残念ながら私が在籍していたソープは大衆店と呼ばれる部類でした。

とにかく回転率で稼ぎに差が出てしまうので、食事をとる時間もなくひたすら働き続けました。

ここまで読んでいるとすごくソープが大変そうに見えますが、ロングコースが多いうえにお客さんも年配の人が多く一緒にお茶を飲んだりしながら要所要所で休憩を取っていました。

お客さんと一緒にいる時間は唯一の小休憩のような感じでした。

人と話をすることも好きなので、お茶を飲みながら雑談をし、そして再度プレイに突入する感じだったので、会社でチマチマ働いて怒られているよりはよっぽど楽に感じました。

どこの世界に行っても自分と相性の合わない人もいますが、会社だとなかなか逃げることができません。

その点ソープなど風俗などでは、相性の合わないお客さんが来たら、こちらとしては一生懸命にサービスはしますが、相手は2度と指名してくれません。

そう考えるとストライクゾーンは広めにとっていますが最終的に相性の合うお客さんだけが残り、とても働きやすくなってきます。

後は従業員などには、媚を売ったりすると後々面倒なので至って普通に接し、ランカーだからといって大きな態度を取ることもなく普通に接していれば、指名客と指名客の待ち時間の時にフリー客などもつけてくれるので、とても効率的に稼ぐことができます。

ちなみにあの時稼いだお金は今は全く残っていません。

今の私が言える事としては、つまらないホストに貢ぐことなく、買い物は値札を見て必要なものだけを買い、後は今後の人生のために貯蓄をして、何か大きな出費が必要になった時に貯蓄をしたお金を切り崩して使うようにすれば、これこそ生きたお金を使えるということです。

人によってはソープは辛く感じてしまうかもしれませんが、これほど効率よく稼げる仕事は私の中ではソープが一番です。

-風俗嬢の体験談投稿

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.