風俗嬢ぺぺこ 風俗嬢の連載

風俗嬢ってどれくらい稼げるのか_筆者の場合

投稿日:

The following two tabs change content below.
ぺぺこ

ぺぺこ

ぺぺこ 25歳 東京都 元高級デリバリーヘルス


こんにちは。

今回は、筆者が手にしていた風俗での月収や、稼ぎなど、お金のことについて紹介したいと思います。

在籍する店舗の価格帯や、自分のバック、指名率などによって変わるので、風俗業界にはいいて仕事をすれば、これだけ稼げるというものではありませんが、これくらい稼げる人もいるという目安になれば幸いです。

未経験だと、いったいどのくらいが日当で稼げて、月収いくらくらいなのかということは全く予想もつきません。

筆者自身、風俗=ある程度は稼げる職種で、むしろ稼げなければ風俗デビューしたのに困るな…と思うくらいで、具体的な数字はわかりませんでした。

面接を受けて60分の手取りバックも聞きましたが、結局月間でどれくらいになるんだろうと思ったこともありました。

筆者の在籍していたデリバリーヘルス

筆者の在籍していたデリバリーヘルスの価格帯は、60分2万円後半、3万円弱くらいからの料金設定でした。

女の子のランクによって、(AV女優やアイドルさんなど)はもちろんこの料金に鵜ラスでという感じで加算されたり、イベントで割引などがあったりしましたが、安くおさえて2万円後半からという感じでした。

在籍している女性は様々な女性がいました。
お姉さん系から、ギャル系、ロリ系、など特に決目られたコンセプトもなかったように感じます。

お店から、仕事の時はこういう雰囲気にしてくださいと言われたこともありません。

平均日当、最高日当、最低日当は…?

日によって、もちろんばらつきはありました。
出勤時間や、待機時間の有り無し、予約数や客数などで、日当は変わるからです。

出勤時間(受付時間)は、平均8~9時間程度にしていました。

最後のお客様が延長しようと言ってくれて、疲れていない時などは延長時間分プラスで働いたりと、増やすことはありました。

一日平均8~9時間受け付けで平均6万円~7万円程度は稼いでいました。

もちろん、予約が入りにくく、待機の多い日などもあります。
そんな時は手取りが少ない日もちろんありましたが、予約が入らない時は予約が入るのを粘って待たずに、今日はそういう日何だと思って、早く帰るなどもしていました。

自分の体調に合わせて、出勤時間を決めていました。

デリバリーヘルスで勤務していて、自分の中での最高日当は22万でした。

この日はお客様が延長に延長をしてくださって、かなりロングの時間になったのでそれだけの大金を稼ぐことができました。

ですが、デリバリーヘルス嬢人生でたった一度だけです。
かなりレアな体験だったと感じます。

逆に、最低日当は0円です。

出勤時間、受付時間がそもそも短かったのですが、待機だけをして終わった日が一日だけありました。
その日は当たり前ですが、手取りは0円でした。

平均月収は?

筆者は平均8~9時間出勤で、週に5日から6日出勤していました。

女の子の日(生理期間中)は、体を休めるためにも出勤したことはありません。

もちろんその月の出勤時間、出勤日数、仕事本数で月収にも変動がありましたが、100前後は稼いでいました。

風俗は、稼ごうと思えば稼げるお仕事です。

ですが、何もせずにただ仕事をして稼げていたわけではないと思います。

筆者が稼ぐためにしていたこと

“お客様のこと八割程度でいいから覚える”
→次回あったときに、前回どこのホテルであったとか、どんな話をしたか軽く言えるくらいには覚える。

”自分の設定が、ぶれないようにする”
→お客様には同じ設定のが毎回同じことがぶれずにいえるのでいいと思います。

“出勤時間や出勤する曜日はできるだけ固定にする”
→プライベートの時間を大切にしながら、だいたいこの時間にいるという大まかな説明ができるとお客様的にも何曜日の〇〇ちゃん、などと記憶に残りやすいようです。

“お礼はしっかり日記やチャットでかく”
→ポイントは、お客様身バレのない程度に。だけど読んだら、自分のことだとお客様がわかるように書くことです。

当たり前のことに思えるかもしれませんが、なれてくるとだらけや怠けが一番出やすい部分でもあります。

筆者は出戻ったとき、風俗のお仕事に慣れてしまうのが一度目よりも早く、お礼の更新などもなかなかできなかったのですが、やはりどんなに感謝していても、お客様には伝わらないのでリピーターもつきにくかったです。

(連絡先を交換知れば別だったかもしれませんが、一度目と同じく誰とも交換しなかったので…。)

筆者自身も出戻って出勤を続けるうちに気が付いて、上記のことを意識するようにすると、だんだんとリピートもつき、戻ってくるようになってきたので、意識や些細なことだったとしても、本当に大切なことだと感じました。

なぜ意識が大切なのか

入店して最初の方は、お店としても、稼げないからという理由でやめられてしまったら困るので、お客様に推してもくれますし、優先的に予約をまわして稼げるように!と努力してくれます

ですが、新しく入店してくる女の子って、結構意外に多いんです。

その後続くかは別として、本当に入店に関しては流れが速いです。
退店は、あいまいにして置く方も要るので、いまいちわかりにくかったりするんですけど…。

新人さんではなくなってしまったときに、ウリになる部分、強みになる部分は持っておいて損はありません。

お店の人は知らなくてもいいです。

自分に入ってくれたお客様にだけ伝わって、それがお客様にとって魅力な部分、記憶に残る部分と感じてもらうことができれば、それだけでいいです。

まとめ

今回は、あくまで筆者のですが平均日当、最高日当、最低日当、平均月収について紹介しました。

赤裸々に金額を出している記事は見たことがなかったので書いてみました。

記事に書いたように、とても稼げる日もあれば、0円の日もあります。
完全歩合制の風俗のお仕事は、収入面でのばらつきが大きく、かなり不安定なお仕事です。

その不安定なお仕事、給料を少しでも安定的にするためにも、リピートがいるかいないかでは大きく違うのです。

そのため、人気のある風俗嬢になれば、手取りも増えますし、手取りが増えるということはある程度のリピーターもいるということなのです。

リピーターを増やし、少しでも安定的に稼ぎ、一日でも早く風俗のお仕事から離れられますように。

-風俗嬢ぺぺこ, 風俗嬢の連載

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.