風俗嬢ぺぺこ 風俗嬢の連載

未経験で風俗嬢デビューした時に気を付けること

更新日:

The following two tabs change content below.
ぺぺこ

ぺぺこ

ぺぺこ 25歳 東京都 元高級デリバリーヘルス


こんにちは。

今回は、未経験で風俗業界に入った場合に気を付けること、まずは”新人未経験キラーなお客様”について書いていきます。

筆者も全くの未経験、そして風俗に関してなんとなくの知識しかないままに風俗業界に入り、デリバリーヘルスで勤務しました。

(筆者のその当時の知識は、ヘルスとソープの違い程度しかありませんでした。)

筆者には、同じ風俗業界にいる友人もいませんでしたし、待機の時や車の相乗りになったときに同じ店舗の女の子と話すこともほとんどなかったので、デリバリーへルスに関する情報源はお客様かドライバーさん、もしくはネットしかありませんでした。

幸いにも大きなトラブルに巻き込まれたことはありませんでしたが、未経験であることは強みでもあり、時に良くないお客様に付け込まれる原因にもなりえます。

これを見て、これから風俗デビューしようとオッ持っている方や、まだ入店したての方が、少しでも働きやすくなれば幸いです。

未経験であることは全くマイナスな部分にはならない

未経験であることで、風俗業界にデビューすることを躊躇したり、未経験なのに大丈夫なのかな…と思う女性の方は多いはずです。

筆者もそう思っていました。

風俗業界=いい意味でのプロフェッショナル、技術やサービス的にもきちんと取得しているお姉さま方が働くのでは?そんなところに、未経験の私が入ってもお仕事があるのだろうか、お給料ももらえるのだろうか…と不安になったのを覚えています。

ですが、未経験には未経験なりの良さが、お客様側からするとあるのだそうです。

なので、未経験であることを恥じたり、未経験なことを隠す必要は全くありません。

筆者自身、全くの未経験から初めて、なおかつ未経験であることをお客様に隠さずに働きましたが、自分が未経験であることに何度も助けられました。

未経験はプラスポイントにもなる

お店からすると、”未経験の女の子”はお客様に対して、おすすめできるポイントになるそうです。

おすすめポイントになるからか、風俗サイトにも未経験専門店や、未経験であることを女の子の紹介に多く書いているところを見かけます。

そしてお客様から聞いたのですが、未経験の新人さんはとにかく初々しさがたくさんあってよいのだそうです。

何かもらったときなど、こんなの初めて!といったときにも信憑性があるのだそうで…。

多少ぎこちなくても、多少失敗しても、最低限きちんとした接客態度をとっていれば”未経験”であることで大目に見てもらえます。

未経験の新人が好きなお客様も多いです

とはいっても、お客様の全員がいいお客様とも限りません。

筆者が入店し、勤務したての頃にも何人かお会いしました。
入店したばかりの女の子、なおかつ未経験の新人さんにばかりに予約を取り遊ばれるお客様です。
筆者は個人的に”新人未経験キラー”と呼んでいました。

もちろん、付け入ろうという悪い気持ちの全くないお客様もいます。
未経験の子に教えてあげたい!という考えのお客様や、長年そのお店を利用していて、どんな新人さんが入ってきたのか興味があって、新人さんばかり選ぶというお客様の場合もあります。

悪い未経験キラーってどんな感じ?

まず、一番多いのが本番強要というか、本番は、みんながしていることなのに、君はやらないの?などと言って本番交渉して来ます。

言い方はさすが大人なだけあって巧みな言い回しをしてきます。

今まで筆者が言われたのは、

  • みんな本番をしているのに、しなかったら指名とれないよ。
  • 本番してくれたら、また次も指名で予約とるんだけどな。
  • 本番したら、チップ弾むのに。
  • 本番しないと仕事なくなって稼げないよ。
  • お店に電話した時、本番出来るって聞いたんだけど。

などなど…。

耳にタコができるんじゃないかと思うほど、いろいろな言い回しでいわれました。

未経験であり、わからないことをいいことに付け入ってきようとします。
筆者も始めた当初は、この言葉を言われて正直”え…どうしよう。”と思いました。

仕事がなければ手取りもなし。
始めたばかりだから指名のお客様も、もちろんいない。

お金が欲しくて稼ぎに来てる自分と、デリヘルという本番禁止の決まりの中で傾きそうになることもありました。

ですが、ヘルスは本番行為禁止です。

筆者は、お店はいいと言っていたよ、などというお客様には、”お店に確認しますね。”や、”勝手な判断でその後お店に迷惑がかかると大変なので、ちょっと確認しますね。”といって断っていました。

本番しないと稼げないよというお客様には、”本当に稼げなくなったらソープ行くかもしれないので、ソープに転職したら来てくださいネ!今のところ転職予定はないですけどっ!”などと言って、断りました。

言い方や言い回しは、そのお客様のタイプや雰囲気に合わせて変えていましたが、正直、もう何度断ったか覚えていません。

本番行為するなら、ソープで働きましょう

本番行為は、自分の体への影響はもちろん、同じ店舗の女の子や、同業種の女の子にも迷惑がかかります。

たとえその時ばれなかったとしても、お客様同士の口コミや、最悪の場合警察沙汰にもなりえません。

ヘルスで本番するならば、ソープで働いたほうがきっとお給料もよいと思います。
(ごめんなさい、ソープの給料体系はわかりませんが…。)

まとめ

筆者が働いて感じたのは、とりあえず言ってみてできたらラッキーという軽い気持ちのお客様も多いことです。

軽く言われて、交わしていれば多くのお客様はあきらめてくれます。

よっぽどしつこいお客様はお店に言ってもいいと思います。
その時の本番はあきらめても、きっとまた別の子にしつこく言うでしょうから。

かわし続けるのは面倒ですし、大変です。

筆者自身も長時間勤務で、仕事本数が増えた時、違うお客さまに毎回言われたときはさすがに、内心”本番が、本番がっていうならソープ行け!”と言いたくなりました。

さすがに言いませんでしたが…。

新人キラーには気を付けて、お仕事頑張ってほしいです。

-風俗嬢ぺぺこ, 風俗嬢の連載

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.