風俗嬢の連載 風俗嬢ひろの

風俗嬢になった場合の最大のデメリットとは?

更新日:

The following two tabs change content below.
hirono

hirono

ひろの 33歳 大阪 ホテヘル
hirono

最新記事 by hirono (全て見る)


風俗嬢として働こうと考えた時に、デメリットや不安要素が浮かんでくるでしょう。
一番は知り合いにバレないだろうかとか性病が移らないだろうかと言う類だと思います。

もっと調べれば調べる程、変なお客さんを対応できるかとか、本番を強要されたらどうしょうとか考えてしまいます。

しかし、これらは上辺だけの問題に過ぎないと私は考えています。
遊び半分でのめり込んでしまうデメリットが他に私にはあると思います。

働く理由

風俗で働こうと考える人はそれなりの事情がある場合が多いです。

お金がどうしても必要だったり、未来を悲観している場合もあるかもしれません。
ただ、目先のお金だけを追ってこの仕事を選択した時の大きなデメリットがあると思います。

それはキャリアに繋がらずに時間だけが経過すると言う事です。正社員で何かしらの仕事をしていれば、パソコンスキルが上がったり、その会社で資格を取得したりして転職の際に優位になる事もあるでしょう。

働くと言う事は自分自身を伸ばしながら、お金を頂く事が出来る魅力的な場だとも言えます。
パソコン教室に通うと月謝が必要ですが、仕事に必要なスキルを上司や先輩に教えてもらうとタダです。

その上、給料が支払われるのです。

パン作りやケーキ屋、介護の技術等も働きながら身に付けていく物です。
勿論、風俗として働いていればそれ相当のスキルは付きます。セックスの技術を高めようと言う斬新な教室は今の所、公には認知されていないので働いているだけで色々学ぶ事や実践する事が出来ると思います。

ただ、普通の仕事をしようと考えた時に風俗嬢を2.3年していたと履歴書に書いてどの様な反応があるでしょうか。

そもそも、履歴書にその様な事を記載して面接に行く事は可能でしょうか。
アダルト関係の仕事なら、その経緯を買われる時もあるでしょう。ただ、その他多数の会社ではそのスキルは何の役にも立たないかもしれません。

面白半分に雇ってくれる経営者もいるかもしれませんが、お金の為だけに過ごした2.3年はその後の履歴書の紙面にどの様に映るか考えてみる必要はあると思います。

実際に働いて、未来の自分がなんだかんだあったけど、結果良かったと思えるのは自分を守る為の解釈かもしれません。

この2.3年、もっと他の事をして身に付けていたら、もっと違った未来があったかもしれない事をきちんと考えて選択していくべきです。

勿論、ソレ一本で!と腰を据える気でいるなら。

風俗だけで一生生活しようと考えて入るとそれなりに構え方も違ってくると思います。
又、期限を設けて、本気で奨学金や借金を返して自由になりたいならそれでもいいと思います。

その上、不動産を購入して家賃で生活しようと考えるなら、現金を貯める近道かもしれません。(ただ、ローンは下りにくい属性と判断されるリスクはあります。)

目的が明確でその為に行動出来ているなら、仕事を選択する一つの業種にはなります。
普通にOLで働くよりも短期間でお金を稼ぐ事が出来ます。

働く目的をきちんと持ち、それをブレずに継続する事がどんな仕事でも重要だと思います。

いずれはコンビニをチェーン展開したいと考えながら働くのか、何となくシフトを組みやすい仕事だから続けていくかの心構えで大きく働き方は変わります。

風俗嬢もそれが問われると思います。

多くの風俗店は学歴も職歴も関係が無いので、偏差値の低い人が所属しかねません。
その様な環境で、未来を特に考えずその日、その日だけを見て生活している人と慣れあっては時間を棒に振ると思います。

本業として風俗を極めるか、副業として他の顔を持つかを選択する必要もあります。
どの様な働き方でもいいと思いますが、ただ漫然と働いていては何も身に付きません。その様な働き方はきっと自分自身を幸せにはしてくれないと思います。

働く目的意識をしっかり持っているべきと考えるのは、風俗だけではなくバイトでも正社員の仕事でも同じことです。

まとめ

昨今、子供がなりたい職業ランキングの中にキャバ嬢が入ってきて久しいです。

その内風俗嬢等の名前がランクインするかもしれません。ソープ等では奉仕すると言うスタイルが強めですが、ホテヘル等ではお客さんが積極的に動く場合が多いです。

ただ裸をさらすだけでお金が貰えるならと考えるのは、キャバ嬢がお酒を飲んで話しをするだけで普通の仕事よりも多くのお金を貰えるからと考えている子どもの安直な考えの延長線に過ぎないと思います。

その様な仕事を望む子どもに反して、親は反対するでしょう。

きっとキャバで働いた経歴のある親も働いておきながら反対するでしょう。それはその世界の過酷さを知っているからだと思います。

お金の為だけに働く事を悪いとは言いませんが、まだまだ仕事をして生活していかないといけない時代は続きます。

風俗は恐らく未来永続的に無くならない仕事ではあると思いますが、自身が未来永続的に働く事が出来るかどうかは話しが別です。

風俗と言う業種で働く意義をしっかり持ち、目的を達成出来る様に日々働く事が必要だと思います。

そしてその働き方は風俗だけではなく、昼間の普通の仕事も同じことです。

-風俗嬢の連載, 風俗嬢ひろの

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.