風俗嬢の連載 風俗嬢ひろの

外見に自信が無くても風俗嬢になれるのか?

更新日:


とびっきりの美人でも恐らく女性の場合は皆、自分の容姿に自信はありません。
コンビニのバイト位なら特に躊躇する事なく、履歴書を持って面接に行く事は出来ると思います。

ただ、夜の世界になると自分の容姿やスタイルを気にしてなかなか踏ん切りがつかない所もあるのではないでしょうか。

それはきっとどの女性も同じことだと思います。

私の所属していた店舗では・・。

私自身は特に美人でもありません。顔も大きいし、鼻もぺちゃんこです。
肌には自信がありますが、顔面偏差値は高くありません。
スタイルは悪くありませんでした。結構胸は大きい方です。ただ、それも私は自信の所でもありますが、綺麗に服を着こなせない場面もあったのでコンプレックスでもありました。

美人ではないけど、ブスでも無いと思っていました。
風俗店で働く時には、あまり自分の外見を心配した事はありませんでした。と言うのもそれなりの化粧の実力と髪型を盛る技術を持っていたので、誤魔化しが効くと思っていました。

ホステスやキャバ嬢の経験はありませんが、ガールズバーで働いた事はありました。
友人にホステスさんもいました。普段は普通の学生でした。その友人の事を美人だと思った事はありません。それでも夜の仕事が務まるのだから、結構敷居は低いと思っていました。

働いていたガールズバーでは元キャバ嬢もいました。このキャバ嬢は本当に美人でした。ガールズバーの中でも群を抜いて美人でした。ただ、他のスタッフはそんなに美人でもスタイルが良い訳でもありません。そんな経緯もあったので、夜の世界に所属している人の顔面偏差値は怯える程高くないと思っていました。
ガールズバーでの経験が夜の世界の敷居を低くしたのだと思います。

高級クラブ等で働くとなると躊躇したと思いますが、顔だけで勝負する場ではないと分かっていたので、私でも大丈夫と思っていました。

実際に働いてみるとやはりそんなに美人な人はいません。決してもさくはないのですが、きっと化粧を落としたらブスだろうなと思う人が多かったです。
化粧は皆自分でしていました。

ちょっと癖のある化粧をする子もいましたし、きっと素でもきれいだろうなと思える人もいました。
丁度、学校の教室の中と同じです。自分よりも可愛い子も数人いますが、私の方が可愛いと思える人がその他大勢です。

ただ、化粧はしっかりしていると言うのが教室の中との違いです。
皆が振り返る程の美人は風俗店の中にはいませんでした。きっと街を闊歩していても皆普通にせする程度の人、本当に普通の人達でした。

スタイルが悪くても大丈夫

それこそ、体重が3桁に乗りそうな場合を除き、ぽっちゃりしている程度でも大丈夫です。

私は結構細身ですが、胸もあると言うスタイルだったのであまり悲観的には考えていませんでした。身長163cmで体重は51kg程でした。
少し身長が高いのは、大丈夫かなと思っていました。

しかし、その店で一番指名を受けていた女の子は恐らく170cmはあるだろうと思える程の身長の高い女性でした。彼女の体型は中肉中背でした。決して細すぎる事はない感じです。身長は全く関係がないんだと思いました。

逆に凄く小柄な子もいました。ヒールは8cmを超える様なパンプスを履いていました。恐らく150cm位では無いかなと思います。童顔ですが、化粧はギャルでした。
【外見に自信が無くても風俗嬢になれるのか】
とびっきりの美人でも恐らく女性の場合は皆、自分の容姿に自信はありません。
コンビニのバイト位なら特に躊躇する事なく、履歴書を持って面接に行く事は出来ると思います。
ただ、夜の世界になると自分の容姿やスタイルを気にしてなかなか踏ん切りがつかない所もあるのではないでしょうか。
それはきっとどの女性も同じことだと思います。

私の所属していた店舗では・・。

私自身は特に美人でもありません。顔も大きいし、鼻もぺちゃんこです。
肌には自信がありますが、顔面偏差値は高くありません。
スタイルは悪くありませんでした。結構胸は大きい方です。ただ、それも私は自信の所でもありますが、綺麗に服を着こなせない場面もあったのでコンプレックスでもありました。
美人ではないけど、ブスでも無いと思っていました。
風俗店で働く時には、あまり自分の外見を心配した事はありませんでした。と言うのもそれなりの化粧の実力と髪型を盛る技術を持っていたので、誤魔化しが効くと思っていました。
ホステスやキャバ嬢の経験はありませんが、ガールズバーで働いた事はありました。
友人にホステスさんもいました。普段は普通の学生でした。その友人の事を美人だと思った事はありません。それでも夜の仕事が務まるのだから、結構敷居は低いと思っていました。

働いていたガールズバーでは元キャバ嬢もいました。このキャバ嬢は本当に美人でした。ガールズバーの中でも群を抜いて美人でした。ただ、他のスタッフはそんなに美人でもスタイルが良い訳でもありません。そんな経緯もあったので、夜の世界に所属している人の顔面偏差値は怯える程高くないと思っていました。
ガールズバーでの経験が夜の世界の敷居を低くしたのだと思います。

高級クラブ等で働くとなると躊躇したと思いますが、顔だけで勝負する場ではないと分かっていたので、私でも大丈夫と思っていました。

実際に働いてみるとやはりそんなに美人な人はいません。決してもっさくはないのですが、きっと化粧を落としたらブスだろうなと思う人が多かったです。
化粧は皆自分でしていました。
ちょっと癖のある化粧をする子もいましたし、きっと素でもきれいだろうなと思える人もいました。
丁度、学校の教室の中と同じです。自分よりも可愛い子も数人いますが、私の方が可愛いと思える人がその他大勢です。
ただ、化粧はしっかりしていると言うのが教室の中との違いです。
皆が振り返る程の美人は風俗店の中にはいませんでした。きっと街を闊歩していても皆普通にせする程度の人、本当に普通の人達でした。

スタイルが悪くても大丈夫

それこそ、体重が3桁に乗りそうな場合を除き、ぽっちゃりしている程度でも大丈夫です。
私は結構細身ですが、胸もあると言うスタイルだったのであまり悲観的には考えていませんでした。身長163cmで体重は51kg程でした。
少し身長が高いのは、大丈夫かなと思っていました。
しかし、その店で一番指名を受けていた女の子は恐らく170cmはあるだろうと思える程の身長の高い女性でした。彼女の体型は中肉中背でした。決して細すぎる事はない感じです。身長は全く関係がないんだと思いました。
逆に凄く小柄な子もいました。ヒールは8cmを超える様なパンプスを履いていました。恐らく150cm位では無いかなと思います。童顔ですが、化粧はギャルでした。
ややアンバランスさを私は感じていました。
皆、大体は中肉中背と言う感じでした。
先ほど3桁と記載しましたが、お腹が胸よりも出ている人はいません。そこまでの体重の人は自己管理がなっていないのか、ソレ専用の店に行く事になるのか、私の店舗にはいませんでした。
人間の性癖と言うのは、個人が考えるよりも多岐に渡ります。
3桁に乗りそうな体型も少なからず需要はあります。ただ、それが自分の生活範囲内にあるかは不明です。
デブもいなければ、痩せすぎて気持ちの悪い女性もいませんでした。
有る程度の抱き心地がある女性を需要としている店舗だったのかもしれません。
本当に普通の、そこら辺によく居る様な女性ばかりでした。

ファッションも好きだし、化粧も普通に出来るし、髪型は弄れなくても適宜カラーをしたりカットしてもらう事が好きな人なら十分務まります。
それで落ちる事はありません。

又、普段はTシャツにジーンズだけしか履かない、パンプスは履かないと言う方でも、店に所属するとそれなりの服装を求められるし、回りの皆もそんな感じなので自然と外見にエロさをまとうようになります。
結局裸になる仕事ですので、外見はいくらでも誤魔化す事は出来るのです。

まとめ

よっぽどで無い限り、風俗店で落とされる事は無いと思います。
もし不安であれば、一度これなら自信が持てる!と言う格好でキャッチが多く出没する所をウロウロしてみて下さい。
きっと数人から声がかかるでしょう。
そうなれば、キャッチの人の目を惹いたのですから、ほぼ風俗店で働く事には満たしています。

人の性癖は多岐に渡ります。自分自信がコンプレックスに感じている事を欲している人もいます。
自分に自信を持つ事が出来る、自分をそのまま受け入れる事が出来る世界でもあると言えます。

私は色白でやや大人し目の外見が嫌いでした。もっと目鼻立ちがはっきりしている派手な顔に憧れていました。
そんな私の外見を、店長は「この店では需要のある外見をしている。」と言ってくれました。
その言葉は数年経った今でも自信の元になっています。

ややアンバランスさを私は感じていました。
皆、大体は中肉中背と言う感じでした。

先ほど3桁と記載しましたが、お腹が胸よりも出ている人はいません。そこまでの体重の人は自己管理がなっていないのか、ソレ専用の店に行く事になるのか、私の店舗にはいませんでした。

人間の性癖と言うのは、個人が考えるよりも多岐に渡ります。
3桁に乗りそうな体型も少なからず需要はあります。ただ、それが自分の生活範囲内にあるかは不明です。

デブもいなければ、痩せすぎて気持ちの悪い女性もいませんでした。
有る程度の抱き心地がある女性を需要としている店舗だったのかもしれません。
本当に普通の、そこら辺によく居る様な女性ばかりでした。

ファッションも好きだし、化粧も普通に出来るし、髪型は弄れなくても適宜カラーをしたりカットしてもらう事が好きな人なら十分務まります。
それで落ちる事はありません。

又、普段はTシャツにジーンズだけしか履かない、パンプスは履かないと言う方でも、店に所属するとそれなりの服装を求められるし、回りの皆もそんな感じなので自然と外見にエロさをまとうようになります。

結局裸になる仕事ですので、外見はいくらでも誤魔化す事は出来るのです。

まとめ

よっぽどで無い限り、風俗店で落とされる事は無いと思います。
もし不安であれば、一度これなら自信が持てる!と言う格好でキャッチが多く出没する所をウロウロしてみて下さい。

きっと数人から声がかかるでしょう。

そうなれば、キャッチの人の目を惹いたのですから、ほぼ風俗店で働く事には満たしています。

人の性癖は多岐に渡ります。自分自信がコンプレックスに感じている事を欲している人もいます。
自分に自信を持つ事が出来る、自分をそのまま受け入れる事が出来る世界でもあると言えます。

私は色白でやや大人し目の外見が嫌いでした。もっと目鼻立ちがはっきりしている派手な顔に憧れていました。

そんな私の外見を、店長は「この店では需要のある外見をしている。」と言ってくれました。
その言葉は数年経った今でも自信の元になっています。

  • この記事を書いた人
hirono

hirono

ひろの 33歳 大阪 ホテヘル

-風俗嬢の連載, 風俗嬢ひろの

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.