風俗嬢の連載 風俗嬢上原凛子

風俗嬢が感染しやすい性病まとめ。こんな症状がでたら婦人科へ!

投稿日:


風俗で感染しやすい性病まとめ。こんな症状がでたら婦人科へ!

風俗で働くなら性病にいつなってもおかしくないということは、覚悟しておかなければなりません。オリモノやアソコの調子が少しでもおかしいなと感じたら、痛みや痒みがなくても、すぐに婦人科を受診していただきたいものです。

しかし、お仕事が忙しかったり、病気を軽視していたりして、受診を先延ばしにしているうちに、自然治癒するケースもあります。自然治癒は必ずしも完治というわけではありません。病気を蔓延させてしまう可能性もあり危険です。

風俗で働くなら是非知って起きていただきたい。風俗で感染リスクの高い性病の症状についてご説明します。
思い当たることがあれば、すぐに婦人科を受診しましょう。

クラミジア

性器クラミジアは比較的ポピュラーな性病です。潜伏期間は1〜3週間と言われ、あまり症状がありません。進行するとオリモノが増えたり、不正出血が起こったりします。気づきにくい病気なので、定期的に検査することをお勧めします。
クラミジアは性器の他に、咽頭にも感染します。オーラルセックスで感染するので、注意が必要です。私が感染した時は全く症状がなく、郵送タイプの性病検査キットで陽性反応が出たのがキッカケでした。症状があまり出ない病気の1つです。

性器ヘルペスの検査は、綿棒で膣の分泌液を採取するのが一般的です。結果は即日にわかるところもあれば2〜3日要するところもあります。咽頭ヘルペスの検査は、うがい液を採取して行われます。郵送型の簡易検査キットの場合は、綿棒で口腔内の粘液を採取します。

淋病

淋病も感染しやすい性病です。男性の場合は尿道に違和感があり、痛みや痒みを生じるため、自覚症状がはっきりしています。しかし女性の場合、症状はあまり出ないので気づきにくいです。定期的に検査しましょう。

淋病もクラミジア同様、性器と咽頭に感染します。咽頭淋病では喉の痛みや腫れ、咳といった風邪のような症状が出ます。咽頭淋病と咽頭クラミジアの症状は酷似していますので、喉の異常を感じたら、両方の可能性を疑いましょう。

性器ヘルペス

性器周辺または唇の周辺に赤茶色の水ぶくれができます。個人差はあるものの、感染後5〜10日で発症します。ヘルペスはウイルスを完全に死滅することはできません。症状を抑えることを目的に治療します。そのため、再発しやすい病気です。

私は感染した事はありません。ですが、ペニスにヘルペスを発症しながら遊びに来た客がいました。症状は一目瞭然です。オーラルセックスでも感染するので、絶対に触れてはいけません。事情を説明して、サービスをお断りしましょう。

性器周辺の皮膚はデリケートで、アンダーヘアの処理などで炎症を起こしがちです。ニキビや吹き出物などと安易に考えず、水ぶくれを発見したら病院へ行きましょう。

カンジダ

カンジダ菌は常在菌です。性行為の有無に関わらず、女性なら誰でも発症する可能性があるので注意が必要です。生理前や体調不良時といった、免疫の低下している時こそ発症しやすく、異変には気付きやすい病気でしょう。

性器周辺に痒みがあったり、熱を持ったりします。オリモノの異常が一目瞭然です。ボロボロとしたカッテージチーズのような白いオリモノが出ます。

私も感染したことがありますが、かなり痒いです。
掻きむしらずに入られませんでした。オリモノもまさに酒粕のような状態で、下着にベットリとこびり付きます。生理前に発症することが多く、これまででも数回再発しています。

病院での検査は、陰部もしくは膣内を綿棒で擦り、検体を培養して行います。治療は膣剤を1週間ほど使います。私は1錠使った段階で、症状はすぐに治りました。不快な症状を抱えながら悩むよりも、ぜひ速やかに受診してください。

ケジラミ

ケジラミも私は経験しました。非常に不快です。
肉眼でも分かるサイズの大量の虫が、陰毛の茂みをピョンピョン飛び交っているのです。
発見後、すぐに剃毛をし、処置完了いたしました。

私の場合は特に痒みもなく、ケジラミを発見して気づきました。一般的には痒みの自覚症状が出ます。痒みの原因はケジラミの唾液に対するアレルギー反応と言われています。気持ち悪いですね。

感染部全ての毛を剃毛すれば手っ取り早く解決します。ケジラミを殺すシャンプーも市販されていますが、生きている虫に効果はあるものの卵には無効なので治療期間は長引いてしまいます。感染を機に剃毛し、パイパン嬢として活躍されてはいかがでしょうか。

性病検査について

風俗嬢は最低月1回の性病検査を行いましょう。
風俗を始めた頃は定期的に検査をしていても、ずっと陰性が続くと安心してしまい、検査の頻度が減りがちです。

性病検査は8000円〜の費用がかかり、いくら高収入といえども高額です。風俗に慣れている女の子の多くが、何かしらの症状が出てから受診する傾向にあります。しかし、性病を放置してしまうと、不妊症になったり、病気が慢性化してしまったりします。

風俗嬢である前に一人の女性として、自分の体を大事にしましょう。性病は早期発見早期治療が鉄則です。性病検査は風俗嬢の必要経費です。

風俗嬢と性病

性病のリスクは否めないとしても、現実と向き合うことが大切です。少しでも異常があったら、すぐに病院を受診しましょう。放置は絶対にいけません。

お客様側も風俗嬢の性病には敏感です。
貴女が気付いてなくても、オリモノの臭いや状態、アソコの違和感があれば嫌悪感を抱きます。
性病女のレッテルを貼られてしまっては、風俗嬢生命の危機です。

風俗は健康な体があってこそ、楽しく働けるお仕事です。月1回は性病検査行ってください。そして是非かかりつけの婦人科を持ちましょう。すぐに相談できる専門家がいると、風俗で働く上で非常に心強いです。

  • この記事を書いた人
rinko.uehara

rinko.uehara

上原凛子 33歳 新潟・東京 デリヘル嬢

-風俗嬢の連載, 風俗嬢上原凛子

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.