風俗嬢の体験談投稿

男性に癒しを与えるのが風俗嬢としての風俗のお仕事の役割

更新日:


42歳、女性です。
ソープランドのお店に勤めるようになって2年がたちます。
きっかけは、経済的なことです。酒乱で私たち家族に暴力をふるう元夫と離婚したのが5年前。

以来、2人の息子を女手ひとつで育てる日々が始まったのですが、想像以上に大変なことでした。最初は、スーパーや運送会社に勤めながら、一方でなけなしの貯金を取り崩しながら生活していましたが、子どもたちが中学、高校と進むにつれ、限界を感じました。

「生活保護」という選択も目の前にちらつきましたが、それだけは避けたいと思い、友人に相談したところ、「それでも頑張りたいなら」ということで紹介されたのが風俗のお仕事でした。

「風俗」というと、いいイメージをもっていませんでした。「借金を背負ってしまい、やくざに風俗に売り飛ばされた」みたいな、変な噂を聞いたことがあったので、私としては、いかがわしい、怖いイメージを風俗に対して感じていました。
しかし、その友人に言わせると、最近はそういった悪い、暗いイメージは無くなって来ていて、一つのお仕事として認められているとのこと。

私は、悩みに悩んだ末に、スマホで調べたお店に電話してみました。電話口には、女性が出て、とても好印象な感じでした。私が、「お勤めすることについてお話を伺えれば」と切り出すと、「一度ご来店ください」と言われました。

ドキドキしながらお店に行ったところ、50代くらいの優しい感じの女性が出てこられて、「今、いろんな事情があってこの仕事に入られる女性がいますから、ご安心を」とおっしゃられました。また「昔は、その筋の方とかがからんでいたりすることもあったようですが、うちは、まったくそういうのとは関係ありません」ともおっしゃってくださり、安心しました。

その後、待遇面、福利厚生などについて説明を受けましたが、頑張って働けば、今の苦しい状態から抜け出せると思いました。

帰りは、若い男性従業員の方が車で駅まで送ってくれたのですが、「ここのお店の人たちは、オーナーをはじめ、いい人ばかりですよ」と言ってくださり、さらに安心感が増しました。

そんなわけで、最初の説明を受け、あれよあれよという間にお勤めすることになりました。とはいえ、最初は何をどうしたらいいか分からないので、講習を受けることになりましたが、その際も、男性ではなく、女性の方が色々と教えてくれました。

その女性の方が言うには、「最近のお客さんは、昔のように技術的なことは求めてこなくて、癒しを求めて来られる人が多いので、自然に接客してください」と。その言葉も私の緊張をほぐしてくれることになりました。

そして、いよいよ最初のお客さんとの対面のとき。さすがに緊張しました。月に何度か来られるという私より少し年上といった感じの会社員風の方でした。私は、最初に「きょうが初めてなので、至らないところがあると思いますが、よろしくお願いします」とあいさつしました。その方は、「それはかえって光栄です。リラックスしてください」と言われました。

その時はそれでも緊張し、何をどうしたかは覚えていないのですが、そのお客さんがとても紳士的な方だったので、無事終えることができました。
その後、お客さんと接していくうちにだんだんと慣れていきました。

そのなかで感じたことは、最初の講習のときに言われたように、お客さんが来店して期待していることは、性的なサービス以上に、私たちとの心のふれあいだということでした。

お客さんの中には、最高では80歳過ぎの方も来られますが、だいたい、上は50代、下は20代の方が多くを占めています。皆さん、会社でいろんなストレスを抱えながら、家庭でもなかなか口にすることができない、愚痴とか弱音みたいなものを私たちに見せるのです。

そして、それを私たちが、どこまでも理解し、共感してさしあげながら聴いていく。そんなかで、お客さんは元気になってお店を出て、会社という「戦場」に帰っていくのです。

働いていくなかで、そうしたことが分かっていくにつれ、自分も社会貢献しているのかなと思うようになりました。
当初は、私の年齢も年齢ですから、指名されないんじゃないかとか、「若い子に変えてくれ」と言われるんじゃないかと心配もしたんですが、意外だったのは、私ぐらいの熟年のほうがいいというお客さんも少なくないということでした。

それは、年を重ねているほうが包容力があったり、話が分かったりということです。また、若い方の中には、マザコンじゃないですが、同年代の若い女の子より、お母さんぐらいの女性のほうがいいと言う方もいます。

ある大学生のお客さんは、わざわざアルバイトで貯めたお金で月に一度ほど私を指名して通ってくれているのですが、気恥ずかしいというか、自分も若返るような気分です。

そんなこんなで始めた風俗のお仕事。いつまで続けるかはまだ未定ですが、続ける限り、お客さんとの一期一会を大事にしながら、誠実に働いていこうと思っています。

  • この記事を書いた人

yurie

ゆりえ 42歳 埼玉県 西川口 ソープランド

-風俗嬢の体験談投稿

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.