風俗嬢ぺぺこ 風俗嬢の連載

風俗嬢は語る。風俗のお仕事を経てよくなかったこと

更新日:


こんにちは。
今回は、風俗勤務中に良くなかったなと感じたこと、辞めてからよくなかったなと感じたことについて書きます。

人生の経験として、全体を考えた時にデリバリーヘルスのお仕事をしたことが悪かったとは思っていません。
ですが、デリバリーヘルスで勤務したことにより、働いたことのない方とは、分かり合えない、特有の悩みができたのも事実です。

自身で仕事のプロ意識や、誇りを持っていても、世間一般からはあまり理解されにくいお仕事なので、この記事で共感してくだされば幸いです。

働いている間に良くないと感じたこと

収入が上がりすぎて、普通の感覚ではいられなくなる

普通の感覚は人それぞれで、普通の感覚がなければ生きていけないわけでもありません。
普通の水準を上げることは、とってもいいことだと筆者は考えます。無意識に行える生活の水準が上がっているからこそ、普通がより良いものになるからだと筆者は考えるからです。

風俗業界は18歳以上になれば働けます。
その年齢よりも頭脳が若いうちといいますか、お金の価値やいい使い方もわからないうちに急に収入が上がると普通の感覚だけなくなって身になることもいい経験になることもなく、その時風俗での一瞬の高給での生活を知ったことで、その後苦労します。

筆者は風俗始めたころ、あまりいいお金の使い方はわかっていませんでした。
お金の価値もわかっていなかったので、今思えば無駄遣いしていたな…と今なら感じます。
(当時はその使い方しか知らなかったというのもあります。)

その経験があったからこそ、今はいいお金の使い方を意識できるようになり勉強になりましたが、そのころからその面での頭がよかったらもっと良かったのではないのかなと感じました。

自分にとってのメリット=お金になってしまう

働いている間に一番駄目だなと感じたのは、お金が発生するかしないかで優先順位を決めてしまったことです。

気づかないうちに仕事優先の、仕事脳になってしまい、友人関係などをおろそかにしていたのがもったいなかったなと感じました。

仕事のことを周りに言ってなかったから、会ったときにあれこれ詮索されたくなかったから会うのを避けがちだったというのもありましたが、もっと会っておいたらよかったな、時間に融通が利く仕事だったのに…と感じました。

ある意味、お金に取りつかれてしまうのがよくない面だと感じました。

一種の男性不信状態になる

自分自身に稼ぎもあり、生活にも困らず、お客様として相手するのは男性のみです。

そんな生活をしていると、男性不信というか、男性は仕事をするためには必要だけどそれ以外では必要ないな…面倒くさいし。と思うようになってしまいました。

いい意味では強くなったのですが、仕事以外で人とかかわること、まして男性とかかわることが面倒になっている自分がいました。

“お金にならない男性とのかかわりはいらない”と思っていました。
一般的なこじらせ女子とは少し違いますが、こじらせていたな…と今なら思います。
あの時にもっと遊んでいたらどうだったのかな?と考えたりすることもあります。

辞めてからよくないと感じたこと

何かあると出戻りを考えてしまう

辞めた後、何度も考えましたし、実際に出戻りもしました。
目標をもって仕事を続けて、達成したので辞めましたが今でもちょっと金銭面で不安や、欲しいものがあると出戻りを考えてしまいます。

出戻りたいわけではないのですが、あの時の収入が恋しくなっているんですよね。

辞めてからの期間が開くと、その考えもどんどん薄れていきますが、最初はよく考えていました。

普通の仕事で、風俗と同様の給料は得られません。
わかって辞めても、あの時の給料が恋しくなっていることが、よくないところだなと感じました。

ずれた感覚は消えない

感覚なんて、月日が経てば消えるものだと思っていました。

あくまで筆者の場合ですが実際のところなかなか消えることはないです。

ただ、すべての部分の感覚がなくならないわけではありませんでした。
生活を普通に戻すことや、見栄を張らないなどはすんなり消えましたが、筆者の場合は、何かを買うとするときに60分の手取りや平均の日当を考えてしまう癖がなかなか消えません。現在も、頻度は減りましたが、基準がそうなっているようで現在も時々出てきます。

この消えない感覚がどの部分になるかは人それぞれだと思います。

見栄を張らずにいるのが苦痛という方も要るでしょうし、生活が戻せないという方もいと思います。

ですが、少なくとも、風俗を初めて勤務している間にはない感覚でした。
勤務しているときは、あまり考えるよりも行動(仕事)すればいいという感覚のほうが強かったです。

異性に対して冷めて客観視している自分が常にいる

好きなどの気持ちのない男性の相手をするのが風俗のお仕事です。
好意があれば心が満たされたりしますが、そうではありません。あくまで仕事です。

嬉しいと本心で思っていなくても、嬉しいふりをするべき時もあるでしょうし、仕事中はリアクションから何から何まで基本的に演技の方が多いでしょう。
楽しそうに話していても、頭の中では、残り時間のことや、次のお仕事のことなど全く関係ないことを考えがちだと思います。筆者もそうでした。

そのためか、辞めた後の全く関係ないときでも、まだ知り合って浅い方などは特に仕事中のような意識がぬけませんでした。
気楽に話しているように見えても実は、客観視して別のことを考えている自分がいました。

仕事を知っている特別な相手に対しては平気でしたが、それ以外は無意識のうちに仕事モードの自分で接してしまっていました。

意識的に今は違う…とおもうことで、いつのまにかその無意識な仕事モードもなくなりましたが、風俗のお仕事をしていなかったらいつどのタイミングでも相手に対して”こう言っているけれど、本心はこうだな…”などと疑心暗鬼になったりすることはなかったと思います。

まとめ

今回はデリバリーヘルスでの勤務を経て、良くなかったことを書きました。

この中で、自分自身が一番良くなかったと感じることは、相手に対して客観視して冷めてみてしまう自分がいたことです。

風俗勤務の女性でなくても、このようになってしまう女性は多くいると感じます。
筆者は、たまたまデリバリーヘルスでの勤務によって、寄り添おうなってしまったのだと感じました。

仕事中は、それがお客様との線引きになり、スムーズに仕事が進むなど良い面だったので気にしていませんでしたが、常に客観視する自分がいるので、相手の言うことや思うことを素直に受け取れなくなり“そんな風に言っても結局は…。”と最初から一切期待せずにすぐ思ったり、相手が望むであろう返答を選んでしてしまうので自分の本心もわからなくなってくるという悪循環になりました。

デリバリーヘルスのお仕事をすることで、いい経験はできます。
知らない世界を見ることも出来ます。

ですが、働く期間が長くなればなるほど、辞めた後その世間とは違った感覚に悩まされます。

世間一般の人の考え方に寄せないと、日本では変わりものね、という目で見られます。

そのため、働く風俗嬢さんには、世間一般の考えもわすれないでほしいです。
辞めた時、筆者のように苦しまなくて済みます。

  • この記事を書いた人

ぺぺこ

ぺぺこ 25歳 東京都 元高級デリバリーヘルス

-風俗嬢ぺぺこ, 風俗嬢の連載

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.