元風俗店長の指南書

キャスト(風俗嬢)の給与におけるスカウトバックの節約の手法〜オプション編〜

更新日:

The following two tabs change content below.

元エリート風俗店長

店舗時代、自ら磨いた集客力を存分に発揮し、新店舗開店から4店舗中2店舗を1年で1600万円、2店舗をいずれも半年で月間売上目標の1000万円超えを達成する。現在は風俗コンサル全般として従事。 風俗経営の信条は、コンパニオンをプロデュース、男性従業員の育成、お客様に接客を通じて営業し継続的な店舗売上に貢献する、効果的な広告や宣伝を行い集客に繋げる事、など。


デリヘルや箱ヘルで店舗責任者や経営者の頭を悩ませている原因の一つであるスカウトバック。

給与に応じて10%〜20%の歩合を紹介者であるスカウトに支払う制度ですが、キャストの求人の為にとは言え経営を圧迫します。

今回はそんなスカウトバックを少しでも減らす方法を解説致します。

スカウトバックを減らす単純な方法

キャストの給与に応じて決められた金率が支払われるということは、当たり前の事ですが、キャストの給与が低ければ低い程スカウトバックは安くなります。

しかし考えて頂きたいのは、基本的な給与については減額が出来ないという事です。

ここを無理に減額させてしまうとキャストやスカウトマンからの疑心を生んでしまいます。

かといって本当に稼がせていなければ、お店を辞める原因となり、他の店舗へ移ってしてしまいます。

ではどうするか、それは『スカウトバックに関わらない部分で給与を渡す』という方法を取るのです。

具体的な方法は?

これには様々な方法がありますが、最も簡単な方法はオプション料金を直接キャストと顧客でやり取りさせる事です。

例えば60分20000円の仕事でお店とキャストの取り分が折半、そして2000円の全額バックのオプションを付けて仕事をした時、店舗が受け取る金額は全部で22000円、その内キャストが12000円の給与となります。

従ってスカウトバックが10%であれば1200円の支払いが生じます。

しかしオプションが全額バックであるならば、この2000円を直接キャストに受け渡しさせる方式に変更させても、キャストの取り分は減りません。

その場合店舗に入る総額は20000円、内10000円がキャストのバックとなり、スカウトバックは1000円となります。

このケースの場合、店舗は200円の純利差が出るのです。

月間で100本の仕事が入るだけでその金額は20000円となりますので、この差は非常に大きいと言えるでしょう

また、キャスト達に説明する時には、
『店舗の方針として、オプションはキャストの自主性に任せています

例えばごっくんを頼まれたらきちんと料金を頂いて行うも良し、本指名に繋げたいお客様なら無料でしてあげても良し、貴女にお任せします。

料金を頂く場合は、オプション代はそのまま自分の財布に入れてもらって構いません。』

といった様な説明をしておけば、建前としては十分でしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回ご紹介させて頂いたオプションに関する節約方法は非常に簡単で、すぐに店舗でも取り入れる事が出来る方法だと思います。

またスカウトマンの多くは、キャストの稼いだ金額のみに着目し、その内訳にはほとんど目を通さない為、疑われて信用を無くす心配もありません。

馬鹿正直にキャストの収入を報告しているのと、少しでも節約を試みる店舗とでは純利が大きく変わってきます

少しずつでも純利を上げる努力を怠らない事が、店舗を大きく繁栄させる大切な一つの要因であると言えるでしょう。

-元風俗店長の指南書

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.