元風俗店長の指南書

指名を取れるキャスト(風俗嬢)の重要性とその活用方法について

更新日:


今回は指名を取れるキャストの重要性とその活用方法について、解説していきたいと思います。

最も大切にするべき存在であるキャスト

風俗店において売上を支えているのは、言うまでもなくキャストです。

そのキャストの中でも一番大切にするべきなのは『本指名を取れるキャスト』と言えます。

これはどんな業種においても共通し、これを実践出来ない店舗はいつまでたっても売上が伸びる事はありません。

逆を言えばどれだけ容姿が良くても、人から好かれる性格でも、本指名を取れないキャストは取れるキャストよりも優先度が低くなるのです。

本指名を取れるという事は、店舗の力が無くてもお客様を集めて売上に貢献出来るという事になります。

店舗はそういったキャストを増やしていく事で売上の安定化を図るのです。

間違った扱い方について

本指名の取れるキャストは必然的にランキングの上位となります。

その為、新規のお客様であってもランキングの情報からそのキャストを指名する方が多いです。
しかしそれは一部のお客様だけであり、他のキャストが目当てで店舗を利用する顧客の方が圧倒的に多数となっています。

そんなお客様に対して『その娘よりもNo1の○○ちゃんが今空いてますので、絶対この子の方が良いですよ!』なんて勧め方をすると、逆効果になります。

顧客は自分の目当ての娘と遊べず、本来指名されるはずであったキャストには仕事が入りません。

元々本指名客がついているキャストを無理に別のキャストと振り返る必要は無いのです。

それを勘違いしたままの従業員は、ランキング嬢に少しでも空きが出ると『早く仕事を付けなければ!』と焦り、無理矢理な接客でお客様から仕事を引っ張ります。

その結果、お客様の満足度も得られず、キャストの仕事に偏りが出るという誰も得をしない状況が出来上がってしまうのです。

ランキング嬢の正しい扱い方

とは言え本指名がとれるキャストに対して何もアプローチしなければ、キャストが離れてしまう要因となります。

つまりお気に入りのキャストを食事に連れ出したり、話を聞いてあげるのではなく、こういった「売上に関わっているキャスト」を特別扱いするのです。

この『指名を取っているから特別扱いをされている』という建前は、他のキャストから見ても理不尽なモノには見えません。

お店に貢献しているから、スタッフや店長から気にかけて貰えているという意識が生まれ、それが良い意味の『特別扱い』に変わるのです。

従って決して個人の好みや感情で管理するなんてことはあってはならないのです。

まとめ

本指名を得ているキャストを増やす事、これが売上の上がる店舗を創り上げる為に最も重要な要素となります。

必要なのはお客様を定着させる実力があるキャストです。

しかしこれは他のキャストを蔑ろにして良いという訳ではなく、あくまで指名の取れるキャストが『特別扱い』するべき対象であるという事を忘れてはいけません。

キャスト管理において必要なのは優先順位をつけることであり、キャストの選別を行う訳では無いという事を頭に入れておきましょう。

  • この記事を書いた人

元エリート風俗店長

店舗時代、自ら磨いた集客力を存分に発揮し、新店舗開店から4店舗中2店舗を1年で1600万円、2店舗をいずれも半年で月間売上目標の1000万円超えを達成する。現在は風俗コンサル全般として従事。 風俗経営の信条は、コンパニオンをプロデュース、男性従業員の育成、お客様に接客を通じて営業し継続的な店舗売上に貢献する、効果的な広告や宣伝を行い集客に繋げる事、など。

-元風俗店長の指南書

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.