風俗嬢ぺぺこ 風俗嬢の連載

デリバリーヘルスについて詳しく解説1

更新日:

The following two tabs change content below.
ぺぺこ

ぺぺこ

ぺぺこ 25歳 東京都 元高級デリバリーヘルス


こんにちは。

今回は、デリバリーヘルスのお仕事内容について、詳しく書いていきたいと思います。

聞きたくても聞けない、ネットの内容の信憑性はいまいち、など不安な女性の参考になれば幸いです。

そもそもデリバリーヘルスとは何か。

店舗を持たず、お客様の指定の派遣先に行き、サービスをします。

本番は禁止ですが、ヌキがあります。

基本的なサービス内容は店舗が変わってもほとんど同じですが、店舗によりオプションなども含め料金など多少の違いはあります。

24時間営業や、夕方からなど、営業時間はばらつきがあります。
自分の働きたい時間、働ける時間を考えられるので、掛け持ちのしやすいお仕事です。

仕事のない時間は、次のお仕事まで事務所にて待機する店舗が多いですが、自宅待機可能な店舗などもあり、お店によってばらつきがあります。

どんな子が働いているのか

お店のコンセプトによって、在籍する女性のタイプに偏りはあります。

ギャル系なのか、清楚系なのか、モデル系なのか、ぽっちゃり系なのか、熟女系なのか、人妻系なのか、ロリ系なのか…。

ですが、本当にいろんな女性が働いています。

筆者の働いていたお店は、いろいろなタイプの女性が働いていました。

ロリ系の雰囲気の女性や、モデル系のスリムで長身の女性、ギャル系の女性もいました。

いい意味で、風俗のかけらもなさそうな清楚な女性を待機の時に見かけたこともあります。

ただ、時代の流れや流行りなのか、ギャル系さんは少なくなりつつありましたが…。

なぜ風俗で働くのか。

理由は人それぞれです。

女性同士が理由を話す機会はほとんどないので推測も含まれますが、働かざるを負えなくて働く方もいらっしゃると思いますし、筆者のようにキャバクラには疲れたけど生活水準は下げたくない。という理由の方もいらっしゃるでしょう。

友人に誘われて始めた方、やAVに出たことがある方、遊興費がかかる方や、自分にお金をかけたい方や、夢のためという方もいらっしゃるでしょう。

理由は何でもいいのです。

自分への負担はかかるお仕事ですが、それだけのリターンもあるお仕事です。

もちろん、世間的に見て大声で言えるお仕事ではないかもしれませんが、ニーズがあるのも事実です。

どんな人がお客さんで来るのか

働く店舗の料金設定にもよると思いますが、参考までに筆者は60分3万円くらいから、のお店で働いていました。(女性のランクによって、プラス料金がかかったり、オプションを付けたりすると金額はかなり変わりますが…。)

あまりお客様に職業を聞いたことはありませんでしたが職業でいうとお医者様や経営者の方が多く、年代は30代以上の方が多かったです。

ときどき20台がいるとびっくり驚くと同時に、その若さでこの遊び覚えたら年齢重ねてなにするのだろう…。とおもったこともありました。

客層はどんなかんじなのか

皆さん優しいです。見た目が強面な方も時々いますが、何か無理に嫌なことをされたことはありません。

筆者は、明るい昼間の時間帯と、夜の時間帯と共に働いたことがありますが、どちらも皆さん優しいです。

ですが、夜のほうがお酒を飲んでいらっしゃるお客様は格段に多く、寝てしまうお客様もいます。
気前の良さはお昼のほうが何となくですが良いかなという感じがします。

辞めたくなったらすぐ辞められるか。

きちんとしたお店なら辞められます。

筆者は一度学生時代に、嘘の広告を見て騙されて一度ピンサロの面接に行ってしまうのですが、そのお店は辞めます。と言ったら若干脅されたことはあります。
シカトしましたが、何も起きませんでした。

辞めるとも言わずに、飛んだりする方も多くいるとのことらしいので大丈夫だと思います。

働いていることはバレないのか

顔出しをしない、これは必須です。

お店のスタッフさんは、きっと顔出しを勧めてきます。ですが、今ネット社会にいてどこから漏れるか、いつ拡散されるかわからない時代に、顔出しするのは危険です。

顔出ししていなければ、この写真は似ている人で自分ではないと、しらを切ることもできます。

そして、孤独を感じることもあると思いますが、働くこと含め、風俗関連のことは周りに一切話さないほうが良いです。

SNSの投稿内容も、あまりに高価すぎるお買いものを一日に何度もはあげないほうがいいかもしれません。

筆者は、ばれずに働けました。

まとめ

今回風俗未経験の女性が、不安思うことについて書いてみました。

筆者は、未経験でこの風俗業界に入った時のことを思い出しながら書きました。

不安に思っても筆者は誰にも聞けなかったので、とりあえず経験だと思い勇気を出して飛び込みましたが、不安が多くあったのが懐かしいです。

客層やお客様の年代は、お店によってさまざまだと思いますので、参考程度としてみてくださいね。
女の子自身のタイプによっても、呼ばれがちなお客様のタイプが変わります。

筆者は恋人気分を求めるお客様よりも、お互いが喋って笑って、お客様のよっては一緒に酔わない程度だけ飲んで笑って、みたいなお客様が多かったですね。

今回は、主に仕事を始める前に不安に思うことを多く書きましたが、今度は働いていくうえで不安なことなど、もう少しかけたらいいなと思ってます。

-風俗嬢ぺぺこ, 風俗嬢の連載

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.