風俗嬢ぺぺこ 風俗嬢の連載

風俗とキャバクラ、どっちがパパと出会えるのか

更新日:

The following two tabs change content below.
ぺぺこ

ぺぺこ

ぺぺこ 25歳 東京都 元高級デリバリーヘルス


こんにちは。

今回は、前回の記事で少し触れた”パパ”というワードについても触れて行こうと思います。

女性にとって、パパ活と聞くと正直とても魅力的ですよね。

お食事やお買いものするだけでお小遣いがもらえるわけですから。

風俗でお仕事をしている女性ならパパ活についても考えたことが一度はあると思います。

筆者はまだ、”パパ活”や”パパ”というワードがないころに、パパが一人いましたのでそのことに触れつつ書いていきたいと思います。

パパや、パパ活とは

経済的余裕のある男性が、若い女性や自分のお気に入りの女性に対して、援助をすることです。

金銭的援助や物質的な援助など、援助方法や援助の額、会う頻度などは各々様々です。

ただし、パパ活に関して共通していえることは”身体の関係がない”ことが前提となった関係です。

風俗でパパとは出会えるのか。

結論から言うと、可能性はゼロではなく、会えると思います。

そして、パパ慣れしている男性が多いので、ハードルはいい意味でも悪い意味でも下がっています。

あくまで筆者的ですがパパの話題をだしてくるお客様の簡単な傾向は、

  • ハイクラスのシティホテル利用の方
  • それなりにするであろうタワーマンション住まいの方

が多かったです。
たまたまなのかもしれませんが、ラブホテル利用のお客様からはほとんど聞いたことがありません。

パパと愛人の線引きが限りなく難しいデリバリーヘルス

筆者はそのパパのお誘いについて疑問に思うことがあり、常に断っていました。

“デリバリーヘルスで本番ナシでも、全裸も見れてるわけで、最終的にはパパというか愛人のことをお客様は言っているのでは…?”と思っていました。

面倒なことになるのもプライベートを少しでも見せることも、当時の筆者は本当に苦痛だったので、その場合は”今はパパよりリピートが欲しいので、リピートを多くしてくれたお客様に言っていただけたら考えますかね”と言って断っていました。

何よりお店を通さないことで、危険なことが起きるのを恐れていました。

パパの話題を出されたお客様に簡単に聞くと、そのうちの6~7割くらいの方は”いたことあるよ”とおっしゃる方がいました。(真偽のほどはわかりませんが…。)

そして、パパというか愛人関係に近い状態になる場合が多いとのことでした。

これはあくまで筆者の推測ですが、デリバリーヘルスは本番禁止ですが、裸を見ることや、触れることはサービス内容に入っています。

なので、お客様の中でのハードルや線引き自体もあやふやに思っているのではないかな、と筆者は感じました。

パパ慣れしているお客様は多いかと思いますので、あとは自分の力量と運次第だなと思います。
(筆者には無理でした…。)

キャバクラでパパとは出会えるのか。

結論から言うと、会えます。

筆者もたまたま会えまして、一定の期間でしたがパパになっていただきました。

ですが、キャバクラの場合は風俗以上にいろんなお客様がいらっしゃいますし、使う金額も様々なので、かなりの目利き力が必要になると思います。(風俗でも目利き力はもちろん必要ですよ。)

筆者がキャバクラで働いていた頃は、そもそも”パパ活”や”パパ”というワードが今のように出てきていませんでした。なので、お客様から聞いたことはありませんでした。

パパと愛人の線引きはしやすいけれど、女性側の力量が試されるキャバクラ

筆者のパパとの出会いは勤務先のキャバクラでした。

指名で通っていただけるようになり、同伴も多くして頂いていて、そしてあるとき、お仕事を休んで一緒に食事に行ってほしいとお誘いを受けました。

何度もうまく断っていましたが、それでもお店には来てくれていたので恩を返すという気持ちで一度お仕事を休み、帰りに、その日休んだ日の日当のお給料だよ、と自ら渡してくれました。

そこから、お店でも会うたびにお小遣いだよとくれるようになり、その流れでパパという感じになりました。
正直、何度か身体の関係は迫られましたが、お断りを重ねるうちに疎遠になりました。

筆者にとっては今でいう”パパ”という感覚でその関係を望みましたが、パパは違い最終的には”愛人関係”を望んでいたのかなと、感じました。

パパというワードが今ほど出ていなかったからかもしれませんが、とにかく距離感を適度にあけることが難しく、認識の違いを何となく感じることは多かったです。

まとめ

キャバクラも、風俗も、パパに会えることは会えると思います。
ですが、共に面倒事が起きる可能性も増えます。

筆者はキャバクラ勤務の時のみパパがいましたが、精神的に大変でした。
最初は、お客様も体裁やプライドがあるので優しく、女性側にとっての好条件ばかりにしてくれます。

ですが、親密になったり援助額が大きくなるとそうもいかなくなるようで割り切った関係ではいられなくなると本当に大変だと感じることもありました。
(男性のタイプにもよりますが…。)

風俗で出会った場合のパパは、より大変なものだろうなと思いました。

割り切るという面では、お互いにしやすく、条件などはっきりすると思いますが、愛人寄りにならずにパパにするのはとても難しいと思います。

お店を通さないので、自分にとっての手取りは増えますが、何かあったとき守ってくれる物がありません。

その危険、リスク分が増えているだけだと、筆者は体験して感じました。

手軽にできるくらい、”パパ”や”パパ活”という言葉は世の中に浸透していますが、金銭感覚の狂い方は、自分で働いて手にした大金の場合とはまた違います。

自分で働いているときは、ずれてはいましたが、パパができてから筆者は一時大幅におかしくなりました。

リスクを負うよりも安全な環境で働く方を、筆者はおすすめします。

時々の息抜き程度のパパ活や、自分自身がいいなとおもう方はうまくしたほうがいいかもしれないですけどね。

-風俗嬢ぺぺこ, 風俗嬢の連載

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.