風俗嬢の体験談投稿

私の札幌すすきのでのソープランドでの風俗嬢体験談

更新日:

The following two tabs change content below.

MISAKIs

Misaki 36歳 北海道 すすきの ソープランド


私は当時正社員として小さな会社で事務員をしておりました。

しかし月収は少なく、仕事内容もかなり単純なもので、毎日の請求書作りに取引先への送付、納品物の梱包や検品、来賓者や従業員へのお茶くみなど、とても充実した業務とはいえない会社で働いておりました。

その会社での給料だけでは将来が不安だったのと、遊べる余裕のあるお金が算出できなかったことで、副業をすることにしました。私がまず副業にしたのは、オイルマッサージのバイトでした。

特にエロい内容ではなく、女性も来やすいようなおしゃれな雰囲気でのマンションの一室で行っているバイトでした。(しかし実際は男性のお客様が多く、身体を触られそうになったことは多々あります)(他の先輩方は別料金で触らせていたかもしれません)

そこで月に1~2万円くらい稼いでいた時に、たまたま連絡のあった古い友人から、ソープランドで働き始めたんだという報告がありました。

彼女はオイルマッサージを経験するでもなく、スナックどころかキャバクラ、デリヘル、サロンなど、どこにも属することなく、いきなりソープランドで働くことを決意したのです。

最初はこいつ大丈夫か?とも、正気なのか?とも思いました。

しかし、彼女の言い分である、子どもを一人で育てなければいけない、一人では限界がある、どうせならがっつり稼ぎたいなどという言葉に、応援の気持ちが芽生えました。

彼女にとっては私にしかこのバイトの話をできないからと、事細かに、様々な良いところも、悪いところも、自慢も、不満も散々聞かされました。

まず聞かされたのは不満です。

長く務めている女の子と、今入ったばかりの彼女の優遇の違いが明らか過ぎるということ。

どの会社でも、できる人間とできない人間の優劣はあるかもしれませんが、あまりにもあからさま過ぎてやる気が失せてしまうという。

例えば、良いお客様やかっこいいお客様、楽なお客様などは、全部スタッフに気に入られている子に振られるという点がありました。

逆に、良いところというのはやはりお金です。

もちろんそこが目的で働き始めたので、前提にある部分ではあると思います。
が、そのケタの違いは凄かったです。私がオイルマサージをして頑張って何時間も汗を流して稼いだお金の何倍も数時間で稼いでしまっているというのです。

私のバイトの現状を彼女に話すと、私の話にかぶせてくるくらいの勢いで、「うちで一緒に働かないか」と誘われました。

確かに、単なるオイルマッサージでは待ち時間も多く、入ったとしても大した稼ぎにはならないので魅力的ではありました。しかしやはりソープという職種に恐れもありました。けど友人がいることや、詳しい裏話なども聞けていたことで、やってみようと思いました。

ここから私のソープ嬢としての期間が始まることとなります。

まず面接をして、簡単なプロフィールを書き、源氏名を考えて、写真を撮ったらすぐ採用でした。一人一人の個室でテレビを見たり、スマホをいじりながら待って、お客様が来たら電話が鳴り、お風呂に新しいお湯をためながら迎えに行くという流れです。

三つ指をついてお迎えし、手を取ってお部屋までご案内します。軽く自己紹介をして、ちょうどお湯がたまっているところですぐにお風呂へ。

ローションをリズムよく泡だて、自分の身体全体を使いお客様の全身を洗います。

そして浴槽へ二人で入り、イチャイチャモード。お客様がお風呂で温まっている間に私はマットの用意。全体をローションでぬるぬるにしてお客様を誘導します。そこでまたまた全身を使い体中をぬるぬるし合います。

ある程度ぬるぬるを楽しんだら身体を流し、タオルで身体を拭いてあげて一緒にベッドへ。そこからは、私がリードするのか、お客様がリードするのかはお互いのフィーリングで進んでいきます。

枕元にゴムを見えないように隠しておき、本番になったらなんとなくつけてもらったり、ばれないようにつけたり、テクニックが必要かもしれません。

終わった後は、腕枕でまったりして恋人気分を味わったり、またお風呂でイチャイチャしたり、時間の許す限り恋人のような感覚で接します。

私は細くてかわいいタイプではなかったので、プロフィール写真はかなり加工されていました。

でも、それでもいいと私に当たった方は、想像の5倍以上良かったし、このまま連れて帰りたいとと喜んでくれました。それはかなり嬉しかった思い出です。

また、お客様の中には、ただ一緒に寝たいだけとか、膝枕をしてほしいだけとか、お酒を持ち込んで一緒に飲みたいだけだとか、裸の写真を撮りたいだけなんだとか、様々なお客様がいらっしゃいました。

その都度それだけでいいの?と不思議で確認したものです。

あとは、彼女がいるけど同僚に無理やり連れてこられたから、肩や腰をマッサージしてくれるだけでいいよなんていう若者もいました。

また、中には、俺の彼女の方が乳輪がきれいだとか、痩せてるとか、失礼な奴もいますが、そこはぐっとこらえるしかないですね。

なんとしても、気持ちをがっちり割り切って、ルール(生ではやらせないなど)さえ守っていれば、悪い職業ではないと思います。普通の職業ではやってられないほどかなり稼げますよ。

-風俗嬢の体験談投稿

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.