風俗嬢の体験談投稿

デリ嬢として働いた、6年間を振り返って

更新日:


私は、20歳から26歳までの6年間、デリバリーヘルスで働いていました。
その6年間にあった出来事や、私が感じたことなどを振り返ってみたいと思います。

まず、なぜ風俗で働くことになったかというと...

20歳の時に、友人に騙されてしまい、借金を背負ってしまったんです。消費者金融4社から、約300万くらいでした。

さらに、他の友人を紹介してしまったがために、その友人も借金を背負うことになり、私はその友人から訴えられてしまったので、その紹介した友人の分の借金も、私は返済をしていく羽目になりました。総額ざっと500万くらいでした。

当時、私は普通の会社員で、到底500万なんて大金を返済していく能力がなく、親にも頼れなかったので、なんとか自分で返済する方法はないか、と考えました。

消費者金融だったので、毎月決められた日に返済日があり、焦っていた私は、まず出会い系サイトで援助交際できる相手を探して、何度か会いました。

ただどんな人が来るか、危険なことをされたら、といつも不安でした。
そこで、風俗で働くことを思いついたのです。

ただ、風俗といっても、調べてみると色々な種類があることを知りました。
ソープランド、デリバリーヘルス、店舗型ヘルスなどなど。

その中でも、会社員としての仕事を続けながら、働きやすいのは、デリバリーヘルスでした。
なぜ、デリバリーヘルスがいいか、というと、働く曜日、時間、も自由に決められるからです。

ソープランドや店舗型だと、そのお店の営業時間でシフト制なところを多いのですが、デリバリーヘルスは働く女の子一人ひとり、好きな曜日、時間で働けるので、本職との両立はしやすいのです。

なので、私はデリバリーヘルスに決め、何件か、お店を選び、一番信頼できそうなお店に面接に行きました。

面接当日、事務所に伺ったのですが、正直驚きました。

とても清潔感のある事務所で、そこに働いている女の子たちも綺麗な方ばかりで、楽しそうで、私なんかが面接に受かるのか、不安でした。

担当の方とお話ししていて、風俗で働くのが初めてだ、というとビデオを見せてくださいました。

そのビデオは、お店のスタッフさんと女の子で作った、ホテルに入ってからの一連の流れのビデオでした。

それを見ることにって、かなりイメージできたし、不安も解消されました。

正直、どんなことをするのか、どういった流れなのか、分からなかったので、とても親切なお店だな、と感じました。

ここで、簡単にデリバリーヘルスではどういったことをするのか、ご説明します。

まず、お客様が先にホテルに入室されています。

女の子は、送迎スタッフに送ってもらい、そのホテルへ行きます。
部屋に入り、簡単な会話や挨拶を済ませ、お客様に何分コースにするか、決めていただきます。
決まると、その内容をお店に電話します。

それから、一緒にシャワーを浴び、プレイに入ります。デリバリーヘルスは、本番禁止なので、本番はしません。

終了時間10分前になると、お店から電話が入るので、また一緒にシャワーを浴びます。
時間になり、部屋を出ると、送迎スタッフが迎えにきているので合流します。こんな感じの流れです。

実際に働きだして、初めは緊張していたのですが、とても優しいお客様が多く、安心して働くことができました。

初めのころは、お店のスタッフさんも、常連客で女の子からも評判のいいお客様を優先につけてくれたので、本当にストレスなく働くことができました。

お客様と合流する前に、スタッフさんからどんなお客様か、簡単な情報を伝えてもらっていたので、不安も解消されました。

お店には、お客様の情報が登録されており、例えばどんな女の子が好みなのか、あと接客した女の子からの感想なども記録されているので、万が一女の子に嫌がるようなことをしたお客様は、利用禁止になるので、そのお客様から電話が入ったとしても、店側はきちんと断ってくれます。

働き出して、約1年も経たないくらいで、借金を返済することができたのですが、もう少し貯金をしたかったので、続けることにしました。

給料でいうと、一人のお客様からいただいた金額の6割が、女の子の取り分だったので、月給にすると、変動はありますが、だいたい70、80万くらいありました。

働いていた日数、時間は、金曜日、土曜日は夜7時から夜中3時くらいまで、日曜日は夕方5時から夜中0時まで、あと、平日の月曜日から木曜日の間で、1日だけ短時間でしたが、出勤していました。
この働き方でも、本職と両立できていたので、6年間続けることができました。

26歳になり、だいぶ貯金もできたし、本職でもステップアップできるチャンスをいただいたのもあり、引退することに決めました。

風俗で働いていることに偏見の目を向ける人も多いと思いますが、実際に働いてみると、性欲処理のためだけに来る人は意外と少なく、人恋しい、寂しい、話し相手が欲しい、など理由は様々でした。

なので、服を全く脱がずに、ただお食事をして、お話しをするお客様を多かったですし、一緒に花火を見ただけ、っていう思い出もあります。

ただ、危険なこともあったことは事実です。

お金を取られそうなったり、携帯を覗かれそうになったり。

そんなお客様と、密室で2人きりになるので、身の危険を感じることもあります。

なので、ただお金がほしいから働く、と決めるのではなく、きちんとリスクがあることも知って、働くことを決めてほしいです。

  • この記事を書いた人

misaki

美咲 31歳 中部地方 デリバリーヘルス

-風俗嬢の体験談投稿

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.