風俗嬢の体験談投稿

風俗嬢は楽じゃない!勘違いしないで!

更新日:

The following two tabs change content below.

sato.a.

sato.a. 34歳 埼玉県 ソープランド


ソープ嬢になったきっかけは、デリバリーヘルスが増えすぎたため女の子単価が落ち、新人の女の子の質も店の質も落ちたため、『自分を安売りしたくない!働くならもっとプロ意識の高い風俗職種で働きたい!』そんな思いからでした。

デリバリーヘルスは名前のまま、出張ヘルス本番行為無し。ソープランドはマットでローションを使いお客様に気持ちよくなってもらったり、ベットで気持ちよくなってもらいます。

もちろん本番アリ。スキンの有無は店によります。実際に働いてみると、ソープは風俗嬢であるという事を聞け目に感じるのではなく、私はプロの風俗嬢だ!という考えの女の子がたくさんいました。

もちろん中には全くプロ意識もなく仕事をなめきった態度で風俗だからという理由で無断欠勤や当日欠勤は当たり前、手抜き仕事も当たり前な女の子も大勢いましたが、そういう女の子たちはもちろん売れ残り、稼げず、辞めていく子や、体入荒らしと言われる、新人期間(お店が積極的にお客さんを付け稼がせてあげる期間)だけ出勤し、期間が終わるとまた別の店に行き体入店を繰り返すようなことをしていました。

私は右も左もわからないまま新人として入店した初めてのお店で講習を受けマットを覚え、接客の仕方や指名の返し方などは誰も教えてはくれないので、手探りで日々インターネットで情報を集めたり、お客様との会話につまらないように、新聞で時事問題を把握したり、興味のないギャンブルもルール的な事や単語を覚えたり、出張で来てくださるお客様と話が合うように各都道府県の歴史やグルメ、観光スポットを覚えたり、お客様からの連絡に対応したりと、店内の限られた時間以外でのプレーだけではなく、それ以外でも努力が必要でした。

そして、指名をして通ってくださるお客様が増えれば、飽きられないようにプレー内容に磨きをかけたり、衣装を色々用意したり、一人一人のお客様の好みの下着を買いそろえたり、お客様の好みのたばこや飲み物を覚え、来てくださったときに提供する等、けして安くはない出費も重なりました。

その甲斐あってか、入店数か月後には100人近く在籍する中の女の子の中でランカーと呼ばれるお店の売れっ子TOP10に入る事ができ、忙しい時には休憩もなく、開店から閉店まで目まぐるしく動き回り、途中で気絶することもありました。しかし、頑張れば頑張っただけ数値化され結果が分かりやすく出るためにとてもやりがいがあり、充実した毎日でした。

『風俗嬢は脱ぐだけで金になっていいな』や『風俗嬢なんて汚らわしい』などと言われますが、脱ぐだけではお金になりません。前記のように色々な裏の努力をしなければ次につながらず、お客様がつかなくなり、結果として普通のOLよりも月収が低くなります。

そして、風俗嬢を汚いものを見るかのように扱う人々がいますが、風俗店、特にソープランドは性病検査を徹底していて、病気が見つかれば即出勤停止になり、出勤停止にならないように女の子たちも自分の身は自分で守っています。

しかも、店によっては薬物検査を義務づけているところもあります。簡単に誰にでも体を売ってきたないと思う人もいるでしょうが、簡単に売っているわけではありません。

プロとして、技を提供し、風俗嬢を演じ、来てくださるお客様のオアシスを作り、その対価を得ているだけです。レストランでご飯を食べる、ご飯を食べたからお店にお金を払う。

その料金は、ご飯の材料費だけではありません。料理人の技術料、店員さんの接客料が含まれています。だから、外食は高いのです。風俗嬢がもらうお金はその料理人の技術料や、店員さんの接客料と変わりないと思っています。

風俗は個人経営の最高で究極の接客業だと思います。

中には同じ店の女の子に僻まれ、嫉まれ、疎まれ、仕事道具を盗まれたり、衣装を破られたり、プレールームを汚されたり、あることない事の噂を流されたり、嫌がらせを受ける時もありました。入れ込みすぎたお客様が資金繰りに困り逆切れし、店に殴りこんできたこともありました。

プレー中にノリすぎたお客様に首を絞められ気絶し層になった事もありました。

それでも風俗を続けられたのは、毎回来てくださるお客様がいてくれて、私ではないとダメだと言ってくださるお客様がいてくれて、私が同僚に嫌がらせをされて落ち込んでいたら元気づけてくださるお客様がいてくださったり、会った時は疲れ果てたお顔をしていたのに、帰りには晴れやかなお顔で帰っていってくださるお客様がいてくださって、お店のスタッフさんにも支えてくださる方がいらいてくれたりと、沢山の【支え】があったので私は風俗嬢を続けられたし、風俗嬢と言う最高で究極の接客業に従事出来たんだと思います。

ただ一言、風俗嬢は楽じゃない!特に男性に皆さま、誤解しないでください。あなたがお世話になっている嬢たちもみんな裏で壮絶な争いの中で戦い、勉強をしているんですよ。

-風俗嬢の体験談投稿

error: Content is protected !!

Copyright© 風俗業界で働くあなたのための 風俗業界 虎の穴 , 2018 All Rights Reserved.